「みんなの森」に行ってきました

前にもご紹介した、「一般財団法人 みんなの森財団」。
http://www.minnanomori.org/

5月2日に財団設立記念パーティがありました。
パーティと聞けば、もちろんお酒?
なんてことが目的ではないのですが、行ってまいりました。

それがまた、いろんな人が集まって楽しかったので(その記事は無しかい!?)
また本日、定例活動に行ってきました。

というのも、多摩は聞きしに勝る急峻なフィールド。
川原井の、のどかな里山だけで満足していてはいけない!
林業に従事する方々が、急斜面で仕事をされている、その気持ちを少しでも味わわなければ~
と、前向きな気持ちで、行ってきたわけです。

武蔵五日市の駅から車で15分ほどでしょうか。
つるつる温泉のそばの、財団が購入した山にお邪魔しました。
今日は間伐。
しかも手鋸。

こ、これは大変そうだ。

地下足袋にスパイクがついていないのが悔やまれますが
みなさんと山に入ります。
思った以上に瓦礫が多いというか
土に細かい石がまじっていて、足場がもろいんです。
これがいわゆる“間伐が進まず、光が林内に入らないので下草が生えず、荒れてしまった森”
というんでしょうか。

でも、道はできているし、切った木が土止めの役割を果たすよう
木の間に置いてあるし、作業は進んでいる模様。
どれだけ大変だったことでしょう。頭が下がります。

a0162378_21571455.jpg


しっかし急だな~~~。これが普通といわれると、くじけそうです。

午前中1時間半、午後も同じくらい作業して
私がお世話になったチームでは4本の木を倒しました。
必ずかかり木になるので、ロープで引っ張りながらです。
総勢30人ほどが参加してました。
小学生、中学生、大学生も参加。
若者からおじさままで。幅広い年齢層です。

a0162378_2231170.jpg

お昼には汁物を出していただきました。
ここは上総自然学校と同じです。
やっぱりビバです。具だくさんお味噌汁。

しかし風景が違う。・・・山だ・・・。

今日は、斜面での動き方を、というか斜面で作業するとずり落ちていく、ということを学びました。
貴重な体験でございました。

そのあとのディープなミーティングにまで、またまた図々しくお邪魔してしまい
組織運営についてもいろいろと学ばせていただきました。
AG、大きくするぞ~。なーんて。いや、気楽に行こう。

ぜひまた、活動に参加させていただきます。
ありがとうございました、みなさま。

以上、たいちょうのレポートでした。
[PR]
by action-green | 2010-05-16 22:09 | 里山ネットワーク
<< 5月の活動報告@茶摘み&田植え~ 4月の活動_第3弾だぜ_AG活動編 >>