「一般財団法人 みんなの森」というのが立ち上がるそうです

おはようございます~。
今日は活動がないので、ちょっとのんびり。
ということで、ちょっと気になっていた、よその団体の活動情報をお知らせします。

私の友人が、以下のようなことに関わっています。
森の保全などを目的とした「一般財団法人 みんなの森」というのを立ち上げるそうで
その協力のお願いがきました。
考え方とか、いろいろ参考になりそうなので
一度行ってみようかなあと思っています。

西多摩地区というか、奥多摩なのかな。
千葉よりかなり険しそうな所。(いや、千葉も険しいところはあるけども)
ある意味「憧れの地」でもあります。
都会のいろんな人が関わっているし。

以下、友人のmixiの日記を一部転載します。
興味ある人は読んでください。
最後にその準備委員会のURLも載せました。


■一般財団法人 みんなの森準備会

2008年12月に行われた法改正により、財団の設立が容易になりました。
これにより、森により多くの人の手が入るようにという趣旨の元、設立準備中の市民財団がこれ。

財団にすることで何がいいかと言うと、一番の目的は「山の所有権を法人に渡せるようになる」ということ。

これまでの一番の壁は、山の地主さんとの交渉で活動が滞ることが多く、山の活用に興味の無い持ち主さんの場合、まずは山の基本的な話からしなければならず、(当然そういう方の場合は敷地の境界や法律云々に関しても意識は低い……)なかなかスムーズな活動ができないことが多々ありました。

同時に、そろそろ山の所有者が代替わりをする年代にもなってきているので、相続が発生するということ。
これがなかなか馬鹿にならず、相続税が払えないために国へ物納し、国はその活用方法を持て余す……といった事態が多く発生してきています。

財団法人へ寄付することができ、さらにその財団も公益法人と認められれば寄付控除を受けることができて贈与税が発生することも無い。
しかも個人の所有ではなく法人格を持った団体の所有となるために、長期的に考えた時の負担はぐっと減るわけですね。

という背景のもと、山のプロフェッショナルな人たちと共に財団を起こし、これまではごく一部の人しか関われなかった山の活動に、もっと数多くの市民を呼び込もうということが目的の団体です。


「みんなの森設立準備委員会」
http://www.minnanomori.org/aboutus


ということで、初ブログの隊長でした。
[PR]
by action-green | 2010-01-23 12:44
<< 両国で会議 落ち葉拾いし冬の山 >>